数学の勉強、進む

ご無沙汰しております

皆様おはようございます。表題の通りですが、随分とお久しぶりになりましたね。心配してくださった方もいらっしゃるのではないでしょうか。でも僕はまあまあ元気でやっています。

数学をスローペースで進めている

まず、前回ご紹介した大学数学の基本書の3周目に取り組んでいます。インプット学習は繰り返してナンボだと思っているからです。最低でも3周…これを僕は基本としています。
それと言うのはかつての受験化学で、教科書を2周ほど徹底的に読み、その後『化学標準問題精講』を3周やったところ、化学の偏差値が80近くになった経験が発端です。

これは昔取った杵柄に過ぎませんが、その体験に味を占めて、周回すればするほど実力がつくと思っているフシが僕にはあるのです。
もちろん同じテキストだけではそれ以上の知識はつきませんし、他のことも学習しなければなりません。そこで、時間との費用対効果を考えて、最適な量の本を最適な数だけ繰り返すのがベストかなとは思います。

数学検定準1級の過去問を解いている

さて、僕は次の過去問集で、今は主に準1級の一次試験の過去問を解いています。

実用数学技能検定過去問題集 数学検定準1級

実用数学技能検定過去問題集 数学検定準1級

  • 発売日: 2017/02/01
  • メディア: 単行本

これは非常に安い過去問集なのですが、過去問が一次試験、二次試験それぞれ4回分しか入っていないことに、買ってから気づいてしまいました。
ですが次のシリーズには、過去問が8回分入っているようです。今から購入される方は、少しだけ値段が上がりますがこちらの方がいいでしょう。

僕が8回分を追加で書い直すかどうかは不明ですが、4回分では正直ちょっと心許ないですよね。
ともあれ、まずは4回分をみっちりこなす事を目指します。今は一次試験を2回分だけやったところです。

意外と昔の知識で解けたりすることに、我ながらびっくりしていますが、二次試験の問題には今のところ手をつけていません。こちらは何だかかなり難しそうです。

8月30日に新設された試験を目処に

さてその数学検定ですが、今年の8月30日に準1級を受けてみるつもりでおります。
7月16日も試験があるので、7月16日に準1級、そして8月30日に1級を受けてみると言うようなこともできるのですが、それはあまりにも無茶だと思うのです。

問題を見ればわかりますが、1級の難易度は準1級とは段違いですから、まずは準1級を取り、そののちに線形代数、解析、統計を一通り基礎から応用までやって、ようやく手が届きつつあるものだろうと推測しています。

世の中にはこれを一桁の年齢層で取った少年もいるようですが、もうなにがなんだか分かりません(褒め言葉)。多分将来的には国内の大学に留まらず、海外に留学して数学を文字通り極めるような、天才になりそうな気がします。

工学系資格試験も申し込んでみるつもり

さて、僕は工学系の資格勉強をかつてまで粛々と行っていたと、前回の記事に書きました。ですが昨年は一次試験に通ったものの、二次試験に力及ばず落ちてしまいました。

そのようなわけで、一次試験の免除権が今年1年間あるんです。正直受かる気がしない二次試験なので、諦めようとも何度も考えたのですが、シード権が残っている今諦めたら単なる負け犬になってしまうと思い直しつつあります。

それに、僕は気がころころと変わりやすいんです。そこで、いつでも勉強再開できるように、念のため申し込んでおくことにしようと思っています。
数学検定と分野が似ているので、並行学習もそれほど苦にはならないと信じています。